ミセスMoiMoiのカンボジアだより

「Mrs.MoiMoiのカンボジアだより」初刊号

いつもれんまるのホームページをご覧いただいている全国の皆さん、

チョムリアップスオー!(※カンボジアの言語:クメール語で「こんにちは」)

私はMrs.MoiMoi(ミセスモイモイ)です。

「MoiMoi」とはクメール語で「一つずつ、ゆっくりと」という意味です。

なぜ、今ASEAN(カンボジア)なのか・・・。
これから毎月1回、私が皆さんをカンボジア紀行へお連れしますね。
お楽しみに!


ことの始まりは息子の親友のNK君が昨年、貿易の仕事で身を立てたいとカンボジアへ渡りました。
メールや電話でやりとりしている中で、カンボジアについての情報に、あれ?あれ?うそ〜?と疑問がたくさん生まれ、どうしても私も行ってみたくなり主人と娘を連れて、はるばるカンボジアまで出かけたのが昨年7月。

それ以来、なぜかどんどんと、この国の魅力に惹かれていく自分を発見。



カンボジアと言えばまず浮かぶのが、20数年前の内戦で残った地雷がある危険では?、、
という印象があるかと思いますが、全くそんな事はありません。
果てしなく済んだ青い空、広大な米畑や湖、未開発な町や村があり、
北に世界遺産のアンコールワットがあるシェムリアップでは、
世界各国からの観光客で、終日にぎわっています。

特に地方村は日本の50〜60年くらい前の景色です。
南には首都、経済都市プノンペン、ここは、国会議事堂や王宮などがあります。

私がこの旅で出会ったのは、他人と一緒にくらしても温和な大家族や、10人兄弟の大家族。
又、貧しい子どもたちのいる孤児院にも訪れました。

この国には人として一番大切な温かさ、思いやりがいっぱいあります。
この部分に魅せられたのだと実感しています。

昨年9月、11月、今年2月、そして3月中旬、MoiMoiおばさんの旅はどこまで続くのか・・・。
はじまりはじまり。ですよー!!
この続きは乞うご期待!

次回5月号にてまたお会いしましょう。
オークンチュラー!(※ありがとう)

  • -
  • 2013.04.15 Monday
  • 16:26